【東灘区】KOLNのチョコッペをご存知?神戸市東側に集中の自家製パン屋さん

2019/07/01 07時30分

本日より、神戸市東灘区の地域情報をお届けさせていただきます。栄えある、東灘区の1つめの記事は、自家製パン屋さんKOLNの御影本店に決定(≧▽≦)

お店の名前、KOLNの読み方は、わかりますか?

ケルン御影本店の外観

看板をよく見ると「O」の上にチョンチョンがついているのがわかると思います。この2文字目はアルファベットの「O」ではなく、ドイツ語ウムラウト文字。この文字を発音するときは「オ」ではなく、「オ」を発音する口の形のままで「エ」と発音する文字らしいのです。

なので、お店の名前を日本語で発音するとケルン。

ケルン御影本店の店内

神戸市内に複数店舗のあるケルンですが、阪神御影駅すぐにあるお店が、ケルンの本店・御影本店です。品数も多く次々にパンが焼きあがります。

ケルンの中で昔から浮動人気は、チョコッペ

チョコッペは、フランスパン(やわらかめ)を横に切り込みを入れて、そこにミルクチョコレートがたっぷりと塗られたパンです。買ってきた当日に食べるのが一番美味!時間が経つとフランスパンが微妙に湿気て味が落ちます。

ありがたいことに、御影本店はイートインスペースがあります。ぜひ!焼き立てのパンをその場でご賞味下さい。って、誰だ私(笑)

店内で販売されている山積みになっているチョコッペを撮影しようとしましたが、常にトングを持った人が複数写りこんでしまうので撮影断念しました…。

現在ケルンでイチオシ新商品が、「真綿」という食パン。ハーフサイズなどは、販売されておらず、スライスなしの1本ウリのみ。

ケルンの新商品の食パン「真綿」

「真綿」の食パン、訪れた時間はすでに完売で購入することができませんでした。最近、高級食パン人気ですからね。「真綿」味&ビジュアルは未知のままです。

「真綿」黒板のポップの文字を起こすと…。「耳は薄く、中はきめ細かい綿のよう 小麦とはちみつの自然な甘みを最大限に引き出した食パン」

うわー。どんな味なの?気になります。「真綿」は次回の来店する楽しみが増えたということにしましょう。

ケルンで一番人気のチョコッペ

勝手に、ケルン=神戸のパン!って認識だったんですが、神戸人でも知らない人が結構多いようです。ケルンの店舗をチェックすると、御影・三宮・岡本・甲南・北野。神戸の東側に集中しています。北区・西区・須磨区・長田区辺りの人にとっては馴染みのないベーカリーショップなのもうなずけます。ちなみに、神戸のメジャーどころのパン屋さんよりは、全体的にお値段がお安めです。

ケルン御影本店はコチラ↓

(よんたん)

ジモネタ東灘区

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ